企業保健師の仕事

保健師の仕事について《企業での保健師の役割》

保健師の仕事

現在、全国で保健師の資格を有する人は、約5万4,000人ほどいらっしゃいます。

市区町村などの地域や企業・学校・介護や福祉の現場など、社会のニーズに伴い、保健師の活躍の場はどんどん広がっています。

 

市区町村の公的機関で働く保健師は、保健所や保健センターにて乳幼児健診・育児相談といった母子保健活動や生活習慣病予防・がん検診などの健診業務、介護など地域住民の健康を守る仕事をしています。

企業で働く保健師

民間の一般企業などに勤め、会社従業員の健康管理やメンタルヘルスに従事する保健師は
「産業保健師」「企業保健師」といった呼ばれ方をしています。

 

産業医や衛生管理者と一体になって、企業内で働く人々の健康を管理し、体の障害を予防する各種の業務が企業保健師の仕事になります。

 

 

保健師の転職情報なら、こちらの専門求人サイトに登録しましょう!

 

 

学校や幼稚園・保育所で働く保健師

児童、生徒、学生と教職員の健康管理を目的に、健康診断や保健指導などを行う業務が学校で働く保健師の業務です。体と心の成長が著しい学生と、教職員の健康保持に日々努めています。
学校以外でも、保育園・保育所でも保健師を採用する施設が増えています。

 

また、病院や福祉施設以外でも、保健師や看護師の仕事は幅広い分野に広がってきており、ますます重要な役割を担っていくでしょう。